<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第318回冠翁祭採華輯 掲載句(平成23年5月3日)

翁の部 橋本信水選
七   峰青し 何処までも澄む天使の瞳 直樹

十六  鐘が鳴る 誓いはひとつ永久の愛 直樹

翁の部 藤原冨治選
十八  ほとばしる 筆先いっきに愛を書く 直樹

翁の部 片山晃一選
十八  峰青し 何処までも澄む天使の瞳 直樹

祭の部 三村昌也選
二   風に佇つ 人とは斯くも無力なり 直樹

祭の部 中川定子選
三十五 旅ごろも 晴れて船出の海青し 直樹

祭の部 中嶋大陸選
三十一 水面下 軍師血の無き和議を成す 直樹
[PR]
久佐太郎忌冠句大会(平成23年7月3日)真浄院 客殿

献句

    久佐太郎忌 詩は愛する人の掌に 直樹

出席者の部

光る雲  松尾明美選

秀2  光る雲 母さんの子でありがとう 直樹

内に秘め 三村昌也選

佳1  内に秘め ボール拾いをする少年 直樹

佳3  内に秘め 拾い集めた石磨く 直樹

呟いて  橋本信水選

客5  呟いて 愛は等しきはずなのに 直樹

陽が笑う  橋本信水選

客5  陽が誘う 世界遺産は明け遣らん 直樹

草に佇つ 夏原弘志選

佳5  草に佇つ 此の地家族の起点とす 直樹

佳12 草に佇つ 金色の向日葵を見る 直樹

合点で5位となりました。誠に感謝です。
[PR]
文芸塔 第85巻 第11号  冠句研究11月号(平成23年11月5日発行)

塔映集Ⅱ(同人作品) 三村昌也選

   深い渕 日本がすこーし又ずれる 直樹
   
   深い渕 火の鳥あれと念じたし 直樹
   
   積み重ね 祈りの如き徳ありき 直樹

   積み重ね 惜しまれて去る椅子も良し 直樹

海鱗抄(自由吟) 浅田邦生選

   曼珠沙華 幼き日のまま母が居て 直樹

   蝉時雨 終の住処は慣れし里 直樹

新風抄 「話好き」 瀬戸澄子選

客 5  話好き 一が百にも化けて出る 直樹

編集部薦

   窓ひらく 陽の香りたる新刊書 直樹
[PR]
by kankunonakama | 2011-11-05 23:20 |  冠句研究