<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

文芸塔 第85巻 第4号  冠句研究4月号(平成23年4月5日発行)

塔映集Ⅱ(同人作品) 三村昌也選

冠吟塔映集に掲載

   深睡り 掌に少年は化石抱く 直樹


先日、子供(児童)が恐竜の化石を見つけた(発見した)との新聞記事を見ましたが、この句
の少年はどんな憧憬を抱いてこの化石を掌に、どんな夢を見て深い睡りに入っているのだろう
か。想像すればするほど夢の風景がふくらむファンタジックな句である。


   深睡り 異国の砂に慰霊の碑 直樹

   青む河岸 人の往き来も長閑なり 直樹

   青む河岸 せり師の娘嫁に行く 直樹


海鱗抄(自由吟) 浅田邦生選

   道通し 裾に入れたし春の風 直樹

   光る道 カラフルに咲くランドセル 直樹

冠美抄 井上真一選

佳 3 白く降る 過疎に影追う人もなし 直樹

新風抄 西川広子選

人位  声満ちる 過疎に木霊す新た生 直樹

選後感
人位句 新しい生命の誕生。大きな喜び伝わって来ます。

真珠抄 川瀬正子選

佳 2 一本道 力まず風を供として 直樹
[PR]
by kankunonakama | 2011-04-05 10:00 |  冠句研究