<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

文芸塔 第84巻 第7号  冠句研究7月号(平成22年7月5日発行)

塔映集Ⅲ(会員作品) 松尾明美選

冠吟塔映集掲載句

  陽に歌う 裸身委ねる浜の砂 直樹

選後に
句材は目新しくないが恰も健全さを、感謝するかに「委ねる」心根が作者の寄り処のように叙して
あり炎天耀く海景と、その場に無性に惹かれている、姿の「陽に歌う」明快感が利いている。

  陽に歌う 丘に風あり介護の手 直樹

  白い壁 暗黒の世に塗られし血 直樹

  白い壁 献上米の船泊まり 直樹

冠美抄 「道遥か」 竹尾真弓選

佳 9 道遥か 夢朽ちるとも志は曲げず 直樹

海鱗抄(自由吟) 三村昌也選

    ほたる舞う 眼に刻みおりこの大地 直樹


新風抄 「胸弾む」 藤井美代子選

佳 9 胸弾む あの日やさしい風を着て 直樹
[PR]
by kankunonakama | 2010-07-05 10:00 |  冠句研究
久佐太郎忌冠句大会(平成22年7月4日)真浄院 客殿

献句

    久佐太郎忌 芽生えの詩は風に乗り 直樹

出席者の部

朝の玻璃 松尾明美選

佳1  朝の玻璃 光らんとす子顔洗う 直樹

草たける 松浦外郎選

客1  草たける 人とは何ぞ原爆忌 直樹

サングラス 川口未知選

佳1  サングラス カミナリ雲が笑ってる 直樹
[PR]