<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平成22年度国風冠句新春号誌上吟輯 掲載句(平成22年度2月発行)

国の部 堀井桃水宗匠選
天  野の主張 春には春の花がある 直樹

国の部 北尾正石宗匠選
十五 野の主張 天与の恵み陽と土と 直樹

国の部 松本双樹宗匠選
二二 野の主張 天与の恵み陽と土と 直樹

風の部 高井翡翠宗匠選
二三 底力 男は踏まれて虎になる 直樹
[PR]
文芸塔 第84巻 第1号  冠句研究1月号(平成22年1月5日発行)

塔映集Ⅲ(会員作品) 松尾明美選

  美しき朝 こころ清めし高野山 直樹

  美しき朝 遥か異国に生まれし子 直樹

  蒼む山 新政権の鼓動聞く 直樹

  選後に
  八月の投票結果で「新政権」へ、その時事吟で”予算見直し”等に、政策のプロセスが
  見えだした「鼓動」把握、説明的も細やか。

  蒼む山 六根清浄たる仏 直樹

冠栄抄 整う日  浅田邦生選

佳21 整う日 嫁さわやかに同居する 直樹

海鱗抄(自由吟) 三村昌也選

  ブーメラン 投げては帰る負の遺産 直樹

選後に
ブーメランの習性(特性)に当てた心象句か。相手を貶める意で投げたブーメランは負の遺産で
帰る教訓。

真珠抄 鏡拭く  小森冴子選

佳7  鏡拭く 皺に隠せぬ過去ひとつ 直樹

真珠抄 鏡拭く  小森冴子選

佳8  皆願う 安らかなりし暮らしの灯 直樹

佳22 皆願う 凡なる幸に手を合わす 直樹
 
[PR]
by kankunonakama | 2010-01-30 10:00 |  冠句研究
初春冠句事始式(平成22年1月4日)真浄院 客殿

欠席投句の部

美味しうき 川口未知選

佳1  美味しうき 老いの余白に春が満つ 直樹

佳9  美味しうき 祖国の明日を誇りとす 直樹

海平ら   夏原弘志選

佳1  海平ら この世を眺む弥勒仏 直樹

雪が舞う  篠原和子選

客4  雪が舞う 老母の安否を聴く電話 直樹

秀9  雪が舞う 海に向いて比翼塚 直樹
[PR]